和婚の魅力や上手な和の取り入れ方|ベスト結婚式

ウェディング

伝統的な挙式スタイル

和婚

両親や年配の親族から受け入れてもらいやすいのが、神社挙式です。昔ながらの日本伝統のスタイルで、和装を着用したり、雅楽などの独特な儀式をしたりします。洋装を着用できるプランもあるので、ウェディングドレスを着たい方でも安心です。

和を取り入れる挙式

神前式

チャペルやウェディングドレスなどの結婚式は、西洋のスタイルを取り入れたものですが、和の要素を取り入れた和婚というスタイルもあります。日本人の体型や顔には、和装が似合いやすいですし、艶やかな美しさを出すことができます。日本の美意識が好きという方には、和婚が向いています。和婚というのは、本格的な神社で儀式を行なう以外にも、和洋のコラボをして結婚式を挙げることもできます。さまざまなスタイルがあるので、2人ならではの和婚を楽しむことができます。和婚で取り入れられる演出として、鏡開きや餅つきなどがあります。披露宴の余興として、ゲストにお酒やお餅などを振る舞うことによって、ゲストを喜ばせることができます。和のテイストというのは、ご年配の方にも受け入れてもらいやすいので、幅広い年代が参加する結婚式にもぴったりです。

白無垢や色打掛けなどの着物をレンタルする場合は、費用を把握しておいたほうが良いです。着物は高価なものですし、衣装に合わせるカツラの料金も高額な費用がかかるので注意しておきましょう。カツラ代だけでも、5万円~10万円程度のレンタル料金はかかります。和婚で着物を使用するメリットは、体型に合わせやすいということです。ウェディングドレスは、外国の方の体型に合っているものなので、日本人の体型に合いづらいという点があります。それに対して着物は、調整することができるので、ウェディングドレスよりも着こなしやすいのです。また、お直し料などもかからないので、安心して着用できます。

幹事の専門業者

カップル

結婚式の二次会の幹事を友達に依頼しづらい場合は、横浜の代行業者に依頼すると良いでしょう。会場選びや商品の準備はもちろん、二次会の進行まで行なってくれます。手間を省きたいときに便利です。

式場の特徴

教会

名古屋の結婚式場を利用するなら、ホテルや専門式場、レストランの特徴を知っておくと選びやすくなります。情報サイトを活用すれば、簡単に情報収集できます。見学やブライダルフェアに参加することも大切です。